大量援護速報

なんでも実況Jのまとめサイトでした。今後は自分で野球記事を書いていこうかと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Powered By 画RSS

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【雑記】湯口事件についてまとめました。

■はじめに

湯口事件とは、読売ジャイアンツの湯口敏彦投手が1973年3月22日に急死したことをきっかけに、当時の川上哲治監督はもとより、球団全体へのバッシングに発展した事件である。

■湯口敏彦という人物

岐阜県短期大学付属高等学校からドラフト1位で巨人で指名。左投左打の投手。1970年の春、夏に甲子園出場。高校時代にノーヒットノーランを3度達成(そのうち1度は完全試合)。ドラフトでは島本講平投手、佐伯和司投手と合わせて三羽ガラスと呼ばれた。選手としてはストレートの球威はよく、角度のあるカーブが武器。しかし、制球難であった。

■湯口事件

1970年の第6回ドラフト会議でドラフト1位で巨人に入団。当時の巨人はV9の途中であり、当時監督の川上哲治はドラフト1位指名選手を即戦力から将来性重視の方針に切り替えた。

湯口は性格がおとなしく、プロ向きではないという声もあった。また湯口本人も地元の中日ファンで、本人もできれば中日が良いと考えていたらしい。しかし、当時の巨人は王、長嶋などそうそうたるメンバーがおり、野球少年にとって憧れの球団でもあった。結局、湯口は巨人に入団する。





●1年目(1971年)
湯口は初年度のキャンプから張り切る。そんな中、正捕手であった森昌彦にブルペンで球を投げることがあった。同郷の大先輩相手に投げれると湯口は寒い中ムリをして全力投球してしまい肘を故障。開幕一軍を逃す。それ以降、制球難に苦しみ二軍でも全く結果が出せないでいた。


●2年目(1972年)
キャンプでは首脳陣がフォーム改造に着手。ワインドアップからノーワインドアップになり、制球は多少マシになったが、湯口の持ち時である剛速球とカーブが影を潜めた。当時二軍投手コーチの中村稔は、湯口のフォーム改造について最後まで反対した。本人が現役時代にフォームを弄られ調子を崩してしまった経験があるからだ。中村の場合、後に直談判をし、フォームを元に戻し、20勝を挙げる活躍をした。しかし、中村の発言に首脳陣は耳を貸すことはなかった。

悩んだ湯口は父親に電話を入れている。父親は「それがプロの壁だ」と励ましたが、覇気のなさが気になった。そして湯口に異変が現れた。二軍マネージャーの藤本健作も湯口の異変に気付いていた。今まで同僚と冗談を言い合って笑い転げていたが、それもなくなっていた。

そんな湯口を中尾二軍監督は付きっきりで指導し続けた。藤本は「たまには解放してやったほうがいい」とも思っていた。

結局、この年も一軍で投げることはなかった。しかし、シーズン後半では二軍で好投したこともあり、首脳陣は来季の活躍に期待。年俸も15%アップした。

とある日、巨人の寮生たちは、毎年恒例の無礼講の飲み会を行った。久々に明るさを取り戻した湯口も、同僚たちと浴びるほど酒を飲み、朝方まで大騒ぎした。翌日、巨人のファン感謝デーがあった。湯口は完全に二日酔い状態で参加。感謝デーでは、催しで紅白戦を予定されており、一軍主力選手が出場することになっていた。湯口たちは出番がないと言われていたので酒が抜けていなくても問題ないはずだった。しかし、紅白戦で川上監督は湯口の登板を命じた。

湯口は打たれた。二死をとっただけで打者一巡、さらに2被弾を浴びる散々な結果に。前日のことを考えると仕方がないが、ベンチに戻ると川上監督、中尾二軍監督から叱責を受ける。

その日の夜、中村二軍投手コーチはファームのバッテリーを自宅に招いて慰労会を開いた。そこで中村は湯口を励ましたが、湯口はうつろな目をして頷いただけだった。そして湯口はその夜、寮に戻らなかった。それに中尾二軍監督は激怒。怒鳴りつけ、鉄拳をふるった。

湯口の様子が本格的におかしくなった。

この4日後、恒例の納会が熱海で行われた。一軍二軍合同、全選手とスタッフ、フロントが集まる。そんな中で、湯口は宴会に溶け込めず無言だった。湯口がおかしいことに皆気付き、大騒ぎになった。中尾二軍監督は慌てて湯口の実家に連絡した。

翌日、読売の診療所で診察を受ける。『鬱病』だった。すぐに都内の専門病院に入院した。しかし、このことはトップシークレットになっており、球団でもごく一部にしか知らされていなかった。対外的には風邪をこじらせたということにした。

2度の入院を繰り返し、医師が病状が回復したと判断し、グラウンドに出ることを許可した。完全な状態ではなかったが、マスコミに向けてという意味もあった。マスコミは湯口が姿を消したことに対し彼に殺到したが、監督コーチが湯口をガードした。

●3年目(1973年)
入院による体力の衰えは隠すべくもなかったが、そのまま二軍キャンプに参加した。

初日、宿舎で同室の淡口が藤本マネージャーのところへ駆け込んで来た。

『湯口が様子が変だ』

藤本は部屋に行くと、そこには湯口が壁に向かって座っており、微動だにしなかった。藤本が声をかけても反応がない。また、同僚とテレビを見ていて、突然「怖いよ!」と叫んだり、真夜中、夢遊病患者のごとく歩き回ったりした。翌日、湯口の東京送還が決まったが、それを聞いた湯口は「野球をやらせてくれ!」と絶叫したという。そのまま藤本に付き添われ羽田に到着したが、湯口はロビーで突然奇声を発し、大暴れした。その後、空港警備隊により取り押さえられた。

そのまま病院へ直行し、湯口は緊急入院。面会謝絶となった。対外的には、風邪、肺炎、調整の遅れなどと言っていた。




3月22日、叔母と従姉妹の見舞いを受けた直後、湯口は帰らぬ人となった。医師は心臓麻痺と言った。




葬儀には、巨人からは藤本を含め4名が列席した。当然だが、湯口家は好意的でなく、「巨人に殺されたんだ!」という罵声が飛んだ。そしてそれを受け取ったのは川上監督でも、中尾二軍監督でもなく、湯口を最後まで気遣った藤本マネージャーである。

二軍の某若手選手が語った。「湯口だけでない。一昨年もノイローゼで退団した選手がいた。このチームは、周囲に文句を言わせない実力があるが、運が良いか、強い性格のやつじゃなければやっていけない。フォームの狂いを1センチ単位で指摘されるのだから・・・。」


■湯口事件のその後

川上監督が湯口の死去の際声明を発表したが、この時「巨人こそ大被害を受けましたよ。大金を投じ年月をかけて愛情を注いだ選手なんですから。せめてもの救いは、女性を乗せての交通事故でなかった事です」、「女性を隣りに乗せての交通事故死でなくて良かった。」と発言した。この川上監督の発言が決定打となり、巨人はマスコミから激しいバッシング報道を受けた。

また、週刊ポストが湯口の急死を「事件」と報じ、死から約2週間後「巨人軍・湯口敏彦投手の死は自殺だった」という特集記事を掲載。湯口の父親の手記まで登場させるなどバッシング報道を展開した。これに報知新聞以外のスポーツ新聞・週刊誌も追随したため、スポーツマスコミのほぼ全体から非難を受けることになった。

ドラフトでも、1973年に巨人は7人の選手を指名するが、1位の小林秀一、2位の黒坂幸夫、3位の中村裕二、5位の尾西和夫の4人が入団拒否し、入団したのは3人だけだった。小林は2012年現在、巨人のドラフト1位指名を拒否した唯一の選手となっている。ただし、小林の指名拒否は本人が希望するアマチュア野球の指導者への道が、プロとアマチュアの関係が冷え込んでいた当時の状況下ではプロ入りすると事実上絶たれてしまうという要因が大きく、本件との関わりはないとされる。また、3位指名を拒否した中村も当時所属していた住友金属が将来の監督候補としていたため、企業及び本人がプロ入りに消極的だった。一方、2位指名を拒否した黒坂は「自信もなかったですが、湯口選手の件もありましたしね・・」と拒否の理由にこの一件があったことをはっきりと語っている。






今からちょうど40年前の出来事ですね。当時はまだ物事を精神論で語っていた時代だったと思うだけに鬱病はあまり理解できない病だったのでしょう。特に川上政権は球界初のサインプレーや守備のカバーリングなどの采配を行ったということで緻密な野球をしていただけに湯口のような繊細な性格の人間には合わなかったのでしょう。個人的に、日本は当時のような精神論至上主義ってわけではないのですが、まだそのような風潮が残っていると思うので、なんとかならないものですかねぇ・・・。
関連記事

| 雑記 | 21:30 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こういうまとめ需要あると思う

| ムエンゴな名無しさん | 2013/04/07 21:52 | URL |

部活動体罰といい、犠牲者が出ないと異常だと気付かないのが日本の駄目なところ
新しい時代に進むべき
今のゆとりと呼ばれる若者が大人になった時代に割と期待している

| ムエンゴな名無しさん | 2013/04/07 22:08 | URL |

まーた味噌の巨人叩きか

必死だなwwww
負けたから悔しいの?嫉妬してんの?wwwww

| ムエンゴな名無しさん | 2013/04/07 22:13 | URL |

興味深く読ませて頂きましたが、誤字脱字が気になりました
脱字:二軍マネージャーの藤本健作も湯口の異変に「」
誤字:その後、空港警備隊により捕り朝得られた

| ムエンゴな名無しさん | 2013/04/07 22:13 | URL |

40年前でしかもこういう業界だと、鬱病=甘えと思われてたんだろうな…
しかし川上監督の発言が何ともお粗末

| 名無しさん@ニュース2ちゃん | 2013/04/07 22:14 | URL |

面白い試みのまとめやな
事件自体は知ってたけど、興味深く読ませてもらったで

| ムエンゴな名無しさん | 2013/04/07 22:17 | URL |

プロ野球には人より詳しいつもりでいたけど全く知らなかった
ありがとう、勉強になったわ
こういう過去は叩き煽りに使わずこれからの教訓にせな(アカン)。

| ムエンゴな名無しさん | 2013/04/07 22:54 | URL |

当時と比べてマシになったとは言え、体罰とかがまだあるのがなぁ
こういう事件を教訓になくなっていけばええんやけど

| ムエンゴな名無しさん | 2013/04/07 23:21 | URL |

川上は所詮ド貧乏の奴隷農民生まれの高卒
まあ死んだ湯口にもちょっと弱さはあるがな

巨人は昔から事件を起こしすぎ
「球界の盟主」を自称するなら、球界の見本となれよ

| 名無しさん@ニュース2ちゃん | 2013/04/07 23:24 | URL |

巨人だし別に驚かないが川上だけは絶許

| 名もなき野球好きさん | 2013/04/07 23:29 | URL | ≫ EDIT

ソースもハラデイ

| ムエンゴな名無しさん | 2013/04/07 23:35 | URL |

これホラースレとかで話題になってたやつか
面白かったやで~こういうまとめイイネ・
あと、巨人叩きじゃないと思うで

| 名無し | 2013/04/08 07:53 | URL |

気合が足りない!
とでも思われてたんかな
悲しい話や

| 三文芝居 | 2013/04/08 21:02 | URL |

自殺はともかく川上の発言は酷い

| 名無しさん | 2013/04/09 19:10 | URL |

や虚糞

| ムエンゴな名無しさん | 2013/05/05 19:13 | URL |

天国で鬼の様な顔をした湯口が待ち構えてるんだろうな
それとも、直行で地獄行きだったから、その心配ご無用かな?

| ムエンゴな名無しさん | 2014/11/22 15:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://muengo.blog.fc2.com/tb.php/1226-2a164ea8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。